本文へ移動

シルクスクリーン印刷

シルクスクリーン印刷

シルクスクリーン印刷とは

シルク版(アルミの枠に細かい網状の糸を張りデザイン部分だけが抜けている物)にインクを乗せ、ゴムの板(スキージ)で掻くと抜けている部分だけインクが抜けて印刷される。 特殊印刷の中では膜厚の管理が容易にコントロールでき、くっきりとした色彩の表現が可能で、膜(スクリーン)にレジスト(光化学反応で光を当てた部分のみ抜き落とす加工法)で模様を作るので細かなデザインも美しく表現致します。また万蔵のシルクスクリーン印刷は平面から曲面まであらゆる形状のものへ印刷可能です。

特殊印刷手法の特徴と比較

印刷方法
数量
色数
イニシャルコスト
凹凸のあるもの
転写印刷
シルクスクリーン印刷
インクジェット印刷
パット印刷

印刷の選び方

まず初めに考えることは、印刷の数量と色数です。色数が多い場合は、シルクスクリーンでは、版下を色数分用意しなければならず、色数分の印刷工程も必要になるため、一定量を超える場合、転写印刷の方がコスト、時間共に優位性がでます。転写印刷では、多色刷りが可能なため、一度の工程で済みます。フィルムの作成が最初に必要になり、イニシャルコストがシルクスクリーンより高いため、万本単位のボリュームが転写印刷にする際の目安です。

スクリーン印刷を選ぶ理由

単色(数色程度)の中〜量産ならスクリーン印刷で!!平面,芯円の曲面印刷にも向いています。(円筒形状のもの)
(プラスチックの化粧品ボトル等)テーパーの強い素材は専用機で対応します。

印刷媒体(こんなものに印刷できます)

プラスチック類全般、金属、紙等 素材に合わせて、インキの種類も変わります。ナイロン、テトロン、ステンレス等。

こんな商品ができます

シルクスクリーン印刷
携帯電話や化粧品など平面から曲面まであらゆる形状のもの。
主な商品:電化製品・化粧品など。

業界別 特殊印刷実績(一部の事例です)

印刷技法 業界 実績例
塗装 自動車 樹脂部品
建設 金属部品
パット 玩具 鉄道模型
玩具 おもちゃのパーツ
医療 検査キット
文具 ペンのキャップ
その他 ゴルフボール
シルクスクリーン 文具 筆記具
文具 名入れ
化粧品 容器
その他 金属板
その他 ゴムの手袋
その他 ガラス
その他 保護用カバー
ホットスタンプ 文具 筆記具軸
文具 筆記具付帯部品
文具 ペンのキャップ
パチンコ パーツ
家具 ロゴマーク
昇華 その他 マグカップ(樹脂・陶器)
その他 タイル
その他 衣類(Tシャツ等)
その他 ハンカチ
その他 タオル
インクジェット その他 名入れ
その他 ゴルフボール
その他 紙への印刷
レーザー その他 名入れ・デザイン等の彫刻

シルクスクリーンのワザ

文字・デザインの再現性にこだわる
  1.  文字をくっきりさせる
  2.  忠実に色を再現する
  3.  文字を欠けないように

シルクスクリーンのワザの実現のために

文字・デザインの忠実な再現のためには、材料の選定、パットの選び方等、様々なノウハウを複合的に組み合わせて実現しています。
 お見積もり・お問い合わせフォームはこちら
TEL. 0284-41-3181
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
株式会社 万蔵
〒326-0032
栃木県足利市真砂町7-30
TEL.0284-41-3181
FAX.0284-42-7222
・シルクスクリーン印刷
・パット印刷 ・塗装印刷
・ホットスタンプ印刷
・転写印刷
・インクジェット印刷
・レーザー印刷 ・昇華印刷
・印刷用治工具製作
・自動機、省力機製作