本文へ移動

転写印刷

転写印刷

転写印刷

印刷が施されているフィルムを、印刷媒体にあて、熱源に押し付けることにより、フィルムに印刷された柄が媒体に移る印刷です。熱源には、ラバー(ゴム)のシート、シリコンロール、金属やラバーの刻印を加熱し、使用します。写真やキャラクターなど、どんなデザインも自由に表現でき、プラプレートのような平面物から ボールペン等の軸物まで、幅広い製品の加飾が可能。 一工程で多色印刷が行えるので大量生産に適した印刷方法です。

転写加工の一種 ホットスタンプとは

・転写加工の一種で「箔押し」と呼ばれる印刷技術。
 金属光沢を装飾することが出来る。(紙・プラスチック全般・革等)
・ラバーや金属刻印を使用し、文字・絵柄を印刷する。
(小さい文字にも対応できる)
・最近では、合成皮革・セラミック・ガラスにも対応可能。

万蔵における「転写」と「ホットスタンプ」の違い

ホットスタンプ
  • 単色の既製品の箔を使う事が多い。(金・銀・黒・白等)
  • 小ロットへの対応に向いている。(~数千本)
  • 多色のデザインにはあまり向かない。
  • 刻印の変更により、容易にデザインを変えることが出来る。
  • イニシャルコストを含めた場合、比較的安価にできる。
 
転写加工
  • 転写箔そのものをオーダーメイドで作る。
  • 多色印刷に容易に対応でき、デザインを忠実に再現できる。
  • 但し転写箔作成の際にコストがかかる為、小ロットにはあまり向かない。
  • 最低でも万単位かそれに近い数量の製品オーダーでないと単価が割高となる。
 
結論:
ホットスタンプと比較するとイニシャルコストを含めると高額なものとなるが、多色のデザインを万本単位で必要としている場合、非常に有効な技法となる。
 

転写印刷について

転写印刷を選ぶ基準

まず初めに考えることは、印刷の数量と色数です。色数が多い場合は、シルクスクリーンでは、版下を色数分用意しなければならず、色数分の印刷工程も必要になるため、一定量を超える場合、転写印刷の方がコスト、時間共に優位性がでます。転写印刷では、多色刷りが可能なため、一度の工程で済みます。フィルムの作成が最初に必要になり、イニシャルコストがシルクスクリーンより高いため、万本単位のボリュームが転写印刷にする際の目安です。
 
万本単位の多色刷りなら転写印刷で!!

特殊印刷手法の特徴と比較

 
印刷方法
数量
色数
イニシャルコスト
凹凸のあるもの
転写印刷
シルクスクリーン印刷
インクジェット印刷
パット印刷
 

印刷媒体(こんなものに印刷できます)

・樹脂一般(プラスチック)
・平面、二次曲面、円筒形の成型品

こんな商品ができます

写真やキャラクターのボールペン印刷・化粧品など、どんなデザイン・多色も自由に表現できます。 
主な商品:文具、雑貨、多色刷り、量産品 など。
転写印刷
転写印刷

業界別 特殊印刷実績(一部の事例です)

印刷技法 業界 実績例
塗装 自動車 樹脂部品
建設 金属部品
パット 玩具 鉄道模型
玩具 おもちゃのパーツ
医療 検査キット
文具 ペンのキャップ
その他 ゴルフボール
シルクスクリーン 文具 筆記具
文具 名入れ
化粧品 容器
その他 金属板
その他 ゴムの手袋
その他 ガラス
その他 保護用カバー
ホットスタンプ 文具 筆記具軸
文具 筆記具付帯部品
文具 ペンのキャップ
パチンコ パーツ
家具 ロゴマーク
昇華 その他 マグカップ(樹脂・陶器)
その他 タイル
その他 衣類(Tシャツ等)
その他 ハンカチ
その他 タオル
インクジェット その他 名入れ
その他 ゴルフボール
その他 紙への印刷
レーザー その他 名入れ・デザイン等の彫刻

仕事で大切にしていること

品質の大半は熱源となる、ラバー、シリコンロールで決まります。シリコンロールは自社で研磨しており、印刷媒体に合わせて形状の工夫をしています。

仕事のポリシーを一言でいうと!!

特殊印刷を通じて多くの人に喜びと 安らぎを伝えます。
いつの日も感謝の心を持って仕事を させていただきます。
 お見積もり・お問い合わせフォームはこちら
TEL. 0284-41-3181
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
株式会社 万蔵
〒326-0032
栃木県足利市真砂町7-30
TEL.0284-41-3181
FAX.0284-42-7222
・シルクスクリーン印刷
・パット印刷 ・塗装印刷
・ホットスタンプ印刷
・転写印刷
・インクジェット印刷
・レーザー印刷 ・昇華印刷
・印刷用治工具製作
・自動機、省力機製作